おひとり満喫ブログ

自分の好きなことだけすればえぇ・・・

漢方薬と市販薬の違い【それぞれの効果効能と効き目のある症状】

スポンサーリンク

f:id:Omc_is_Amf:20200402153645p:plain

どうもです~( *´艸`)

おひとり満喫ブログの
「管理人さん」
です!


今回は

”市販薬と漢方薬の違い”

についてご紹介しようと思います!


意外と自分でも

「細かく説明して!」

と言われると
難しいと感じたので
今回は調べることにしました!


是非最後までご覧ください!

 

市販薬と漢方薬の違い

では

"市販薬と漢方薬の違い"

についてご紹介します!

 

なんとなくの私のイメージですが

「漢方薬より薬のほうがいいんじゃないの?」

と、考えている方が多いように感じますが
それは大きな間違いなので
是非正しい知識を身に付けて下さい!

成分

まずは成分の違いについて
ご紹介します!


<市販薬(新薬)>

一般的に病院などで処方される薬や
薬局などで手に入れることが出来る薬は

”主に1つの成分”

によって構成されています


さらにそれらは

”人工的に合成された成分”

であることが一般的です!


まるで体に悪いもののように
聞こえるかもしれませんが
そういう訳ではないので
ご安心ください!


分かりやすくまとめると
薬は

「一種類の成分が一つの症状に
 局所的に作用する」

ということです!

▷頭痛には痛み止め
▷腹痛にも痛み止め
▷熱には解熱剤

と言う感じです!


<漢方薬>

対する漢方薬は

”天然の生薬を2種類以上配合”

して、作られています


さらに配合するそれらの成分は
それぞれに

”異なる効能”

を、持った生薬を配合しています


こちらもまた
「薬より効果が薄いってこと?」
と、考えられがちですが
わかりやすくまとめると

「様々な要因に複数の生薬が
 幅広く作用する」

ということです!



簡単にそれぞれの
成分の違いに触れたところで
続いては効能や用途について
ご紹介します!

効能・用途

すでにご紹介した通り


市販薬▷▷▷1つの症状に効果的
漢方薬▷▷▷複数の症状に効果的

という特性をそれぞれ持っています!


とはいえこれだけでは
分かりにくいので
例を挙げるとこのような感じです!


・頭が痛い

 症状ははっきりしていて薬に求める効果は
 「頭痛の改善・緩和」
→市販薬(新薬)が効果的


・原因は分からないけど体がだるい

 何に効く薬を処方すべきかわからない
 幅広く身体の改善が必要
→漢方薬が効果的

 

イメージはしやすくなりましたか?

このように市販薬と漢方薬では
それぞれ得意分野がわかれており
目的に合わせて
活躍する場面も変わってくるのです!


病院で解熱鎮痛剤などを
処方さる場合は

風邪などで症状がはっきりしている

と言うことに対して
漢方薬が活躍するのは

検査をしても原因のわからない
 病名のない体調不良「未病」

と言う風に分けられています!


そもそも治す対象が異なるために
今回比較した各薬を

・どちらの方が優れている
・どちらの方が体に良さそう

という考え方自体が
間違っているということがわかります!

 

<ここまでのまとめ>

薬は症状の根本ではなく

「直接症状の緩和を目的としている」


漢方薬は

「即効性や症状ではなく、長い目で
 根本的な肉体の改善を目的としている」

漢方薬がおすすめの症状

最後に普段から漢方薬を服用している私が

”どんな時に漢方薬を飲むべきか”

についてご紹介しておこうと思います!


まず、答えから言ってしまうと

”常に飲み続けるべき”

です!!


漢方薬に含まれる成分は
徐々に内臓や体に吸収され
効果を発揮するとのことで

”長期的な服用”

これが
しっかりと効果を発揮するためには
欠かせません


とはいえ健康的な方が
飲み続けるには
価格も高く費用が掛かってくるので
おすすめはできません

しかし、次のような方には
しばらくの間。

少なくとも2~3カ月の服用を
おすすめします!

▷虚弱・貧弱体質の方
▷原因不明の体調不良が続く方


私がそうなのですが
幼いころから今日まで

”とにかく病弱”

で、ほぼ毎月熱は出ますし
1年の6~7割は
倦怠感や疲労感を感じて生活していました。


こういった症状で病院へ行っても
特に原因は見当たらず

・健康的な食事
・規則正しい生活
・適度な運動

を、勧められます。


が、正直適度な運動をする元気はないですし
とっくに生活リズムなどには
気を遣っています。


そのため半ば諦めながら
なす術もなく日々を送っていたのですが
ある日

”牛黄(ごおう)”

と言う漢方薬に出会います


するとみるみる体調がよくなり
今ではすっかり
健常者の仲間入りです!

ただ一点ネックだったのが価格で
継続しなければいけない漢方薬ですが
牛黄はとにかく高価なものだったので
かなり負担を感じていました。


そこで漢方薬を

”ヒロレス”

と言うものに変えたのですが
これが低価格で効果はばっちりと
大満足の結果でした!

ヒロレスに関しては
別の記事でまとめているので
是非ご覧ください!

【ヒロレス】CMで話題の漢方薬の「種類と効果・値段」まとめ - おひとり満喫ブログ


単に虚弱と言っても
お医者さんも処方する薬に困ります。

体を元気にする薬と言うものは無いからです。

しいて言うなら
ビタミン剤などの点滴でしょうか


そのため前述でご紹介したような
いわゆる”未病”については
漢方薬がおすすめです!

最後に

少し話が脱線した感もありますが
今回は

”市販薬と漢方薬の違い”

についてご紹介しました!


▷それぞれの違い
▷各薬の目的
▷症状に基づいた薬選び

これらに注意して
最も自分に適した薬で
体調不良を改善してください!


ではまた次の記事で!!
さらばっ( `ー´)ノ