おひとり満喫ブログ

自分の好きなことだけすればえぇ・・・

【ニートのおすすめアニメ】‐どろろ-【内容・順番・見どころ・感想】

スポンサーリンク

f:id:Omc_is_Amf:20200519151515p:plain

どうもです~( *´艸`)

おひとり満喫ブログの

「管理人さん」

です!!



今回は

”ニートのおすすめアニメ”

と、題して

大人気アニメ!


「どろろ」


についてご紹介します!!



・ネタバレなしのあらすじ
・シリーズの観かた(話数・順番)
・個人的な見どころ
・感想

の順にご紹介します!


Amazonプライムビデオで
視聴することが出来ますので


まだ観てない

退屈で時間を持て余している

面白いアニメを探している


という方は是非ご覧ください♪

併せて読みたい

>>スマホで快適に動画を見るための魔法のアイテム9選

 

プライムビデオで視聴する

-どろろ-

あらすじ

時は戦国。

醍醐の国の主である景光は、
あるお寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。

それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは
体のあちこちが欠けており、
忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。

時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、
国には平安が訪れた。

そんなある日”どろろ”という幼い盗賊は、ある男に出会う。


それは、鬼か人かーーー


両腕に刀を仕込む全身作り物の男”百鬼丸”は、
その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

引用:どろろ公式


世界観は

”妖のいる戦国時代

で、ジャンルは

”ダークファンタジー×アクション”

です!


生まれた時から背負わされた
呪いと宿命に抗うため
目も見えず、口も聞けず、
生身の身体も持たない男の
妖との戦いの日々を描いた物語!

かなり暗めの演出と
少し生々しい表現が多い
大人向けな作品となっています!

シリーズの観かた

どろろは

第一期:24話

となっています!


実際には1900年代に
「どろろと百鬼丸」というタイトルで
すでにアニメ化されていますが
あえてそちらを観る方は少ないと思うので
割愛させていただきます。


話を戻しますが、
どろろは2クールとそこそこの
ボリュームの作品でありながら
全く間延び感を感じさせない作品です!


作画もあえて古い雰囲気を残しつつ
現代風に表現することで

作品の時代背景や
物語のシビアさを上手く表している

と言うのも
視聴者の間延び感を無くし
作品に引き込む理由と言えます!


序盤は1話完結の物語で
妖を討伐していく内容なので
お好きなペースで楽しむことが出来るのも
高評価のポイントです!

個人的な見どころ

見どころは

”解き明かされる百鬼丸の過去

です!

 

作品の主人公である百鬼丸は
とある理由で生まれ持って呪いを
背負わされています。

忌子として生まれた百鬼丸を見て
誰もが助からないと考え
川へ捨てられたものの

その呪いを背負ったまま成長し

失われた体を取り戻そうと
戦いの日々に明け暮れます。


徐々に身体を取り戻しながら
解き明かされる呪いの謎。

百鬼丸はなぜ呪いを背負って生まれたのか?
全ての身体を取り戻すことはできるのか、
また、取り戻した先にあるものとは?

さながらミステリー作品のような展開に
手に汗握る見どころとなっています!

感想

感想としては

文句の付け所がない

です!


妖怪ものの作品と言えば
ひっきりなしに現れる妖怪と戦い
最後には妖の根源となる
ラスボスを倒して終わり…

といった内容が多く感じますが
どろろは違います。


身体を取り戻す、呪いを解く

という目的があるため
物語に最初から最後まで一貫性があります!


なんのために戦っているのかが明確なため
作品内の他の部分にしっかり集中して
楽しむことができます!

また2クールをしっかり使用した作品なので

「え?終わり?」

「結局最期どういう意味だったの?」

といった後味の悪さもなく
視聴者がきっちり納得して最終回を
迎えられる作品となっています!


まさに、文句の付け所がありません!

最後に

以上で

”どろろ”

の紹介は終わりです!

ここまで読んで下さり
ありがとうございました!!

 

少し長い作品ではありますが
一気観を推奨する作品ではないので

少しづつ、毎日の楽しみとして

楽しんでもらう事も可能です!


特に序盤については
基本1話ごとに区切りがつくので
夜更かしが翌日に影響するということも
ほとんどないと思います!


身体を取り戻すにつれ
人間味も帯びていく百鬼丸の
戦いの旅を是非お楽しみください!


ではまた次の記事で!!
さらばっ(`・ω・´)

/* 開閉動かす奴 */ /* リンクボタン強調 */