おひとり満喫ブログ

自分の好きなことだけすればえぇ・・・

【新卒必見】仕事を辞めたら社会保険から国保への切り替え手続きが必須!【理由と方法】

スポンサーリンク

f:id:Omc_is_Amf:20200310165710p:plain



どうもです~( `ー´)ノ

おひとり満喫ブログの
「管理人さん」
です!!


今回は仕事を辞めた後の

”保険証の切り替え”

についてご紹介します!



この記事を読んでほしい人

☑仕事を辞めたが保険証を切り替えていない
☑切り替えをしたが方法がわからない
☑自分は切り替えの必要があるのか知りたい



この記事でお伝えすること

☑どのような場合に切り替えが必要か
☑なぜ急ぐ必要があるのか
☑保険証を切り替える方法



この記事を読み終えたら

☑自分はどうすべきかがわかる
☑保険証の切り替えの必要性がわかる
☑簡単に保険証の切り替えができる



上記を目指して記事をまとめています!

少しややこしいジャンルではありますが
一つづつ確実に理解していきましょう!

最後の簡単なまとめから
ご覧になるのもおすすめです!

 

どんな場合に「社保→国保」の切り替えが必要か

まずはこの記事を読んでくださっている皆さんに

”保険証の切り替えが必要かどうか”

を、先に確認していただきます!


万が一必要だった場合は
このまま最後まで読み進めて下さいね♪

あなたはそのままで大丈夫?

では早速
皆さんに切り替えの必要があるかどうかを
チェックしていただきます!

まずは以下をご覧ください!


<保険証の切り替えが必要な場合>

退職により加入する保険が変わる
退職するが次の就職の予定はない
社会保険証を返還したが国保に未加入


おおまかにこれらの状態だと
社会保険から国保への切り替えが必要となります!


そしてこれら3つの状態に共通していることは

”どの保険にも入っていない状態”

ということです!


つまり何かしらの保険に入っている必要がある
しかし社会保険には入れない


という状況で
国保への切り替えが必要になるということです!


では続いて
社会保険から脱退したのち
急いで国保へ加入する必要についてご紹介します!

なぜ急ぐ必要があるのか

突然ですが
皆さんは急な高熱や事故で
病院へ行ったことはありますか?

本人でなくても
お子さんやご家族でも構いません。

何か思い当たったなら
それらを病院へ行かずに
我慢できたか想像してください。


虫歯や腹痛、高熱…
何でも構いませんが
少しでも早く病院で診てもらいたいですよね?


しかし!!
そんな状況に陥ったとき
もし保険に入っていなければ

「医療費は10割負担」

となってしまいます!


少し風邪気味で病院へ行っただけでも
数千円の医療費がかかりますが
それは3割ほどしか負担していない金額です。

それが10割負担となっては
おちおち病院へもいけません。


もちろん後から国保への加入手続きをすれば
各医療機関で事前に支払った10割の内
7割は返ってきますが

”確実ではない”

ため、注意が必要です!
※未加入がやむを得ない理由以外では返還は無し



さらに、加入が遅れた場合

”保険未加入時期全ての保険料”

を、後から支払わなければいけないんです!


我慢して病院へも行かなかったのに
社会保険脱退月からの保険料を
支払わなければいけないのなら
初めから加入して起きた方がお得です。


そもそもですが
社会保険脱退後

”2週間”

が国民健康保険への切り替え期限です!
ご注意ください!!



以上から、万が一

・高額医療費のかかる状態になった
 (病気/事故)
・7割分の支払い返還が認められない
・過去分の保険料をまとめて支払う

なんてことが起きてしまう前に
保険証の切り替えは必須と言えます!


ほんの簡単なことなので
身構えずに
次へ読み進めて下さいね♪

保険証の切り替え方

ここまでご覧の皆様は
保険証の切り替えが必要だと
判断した方ですね!

ややこしいことは何もないので
落ち着いて手続きを進めていきましょう!!


<社会保険から国保への切り替え手順>


・必要書類を集める
・準備物を用意する
・国民健康保険課で手続きを行う
(市区町村で名称が異なる)
 

たったのこれだけなので
簡単ですね♪

ではそれぞれについてご紹介していきます!


<必要書類・準備物について>

・資格喪失証明書
・マイナンバーカード
・印鑑
 
以上で社会保険から国民健康保険への
切り替え手続きは終了です!

「え?これだけ?」

というほど簡単でしたね♪

注意点は

・切り替え期限(2週間)
・資格喪失証明書の発行

の2点だけです!


上記が必要書類と準備物になります!

マイナンバーカードと印鑑については
問題なく用意できると思いますが

”資格喪失証明書”

については
勤務先の会社または
住民票を置いている地域の年金事務所で
発行してもらう必要があります!


退職時にお勤め先に
書類の郵送を頼んでおくと
後々から連絡の必要もなくスムーズです!
※ちなみに退職の理由がなんであれ
 必ず必要な書類なので悪びれる必要はありません


ただし!
ひとつ重要なポイントがあります!
それは

”特殊な社会保険に加入していた場合”

です!

例として私の場合ですが
某商社系列の企業に就職し
そこ独自の社会保険組合に属していました。

そのため年金事務所では対応が出来ず
勤務先へ決まずい気持ちで連絡をしましたが
会社からは出せないとのこと。

そこで個人的に加入していた社会保険組合へ
問い合わせをしたところ
確かに脱退の確認が取れたとのことで
”1週間後”に書類が届きました。


このように
年金事務所で扱うことが出来ない種類もあるため
必ず退職前に社内で相談しておくことをおすすめします!

新卒で入社3カ月目にやめた私は
そこまで知識がなかったために
面倒が増えてしまいましたから…汗


ちなみに切り替えには期限があり

”社保脱退後2週間以内”

に切り替える必要があるので
やはり事前に打ち合わせしておく必要があります!


<国民健康保険課での手続き>

・本人が窓口へ行く
・代理で手続きを行う
 (前述の内容+委任状が必要)
 
上記の二通りで切り替えが可能です!


本人が行く場合は
上記の必要物を持参して
直接窓口へ行くだけですが
代理人の場合は

”委任状”

を、追加で用意してください!

委任状は国民健康保険課で受け取ることが
可能です!

ご自分に合った方法で
手続きを行ってください♪

今回のまとめ

では今回の内容を
簡単にまとめておきたいと思います!

<手続きの必要性>

・万が一の際に病院へ行けない
・医療費の負担額が10割に
・後から全期間の保険料支払いが必要
 


<手続きの準備>

・資格喪失証明書
・マイナンバーカード
・印鑑
・委任状(代理手続きの場合)
 


<手続きの方法>

 

・お近くの国民健康保険課を利用
・窓口の支持通り手続き
・年金の手続きもお忘れなく!
 


まとめてみると
より一層簡単ですね♪

もし分かりづらい部分があれば
会社や窓口でしっかり確認してください!
 
保険やお金のことは
慎重すぎるくらいがちょうどいいです!!


ちなみに
会社を辞めた際には同時に

”年金”

の手続きも行ったほうがいいです!
同じ建物内で
手続きが可能な場合が多いので
一度に済ませておきましょう!

こちらにまとめてありますので
是非ご覧ください!

www.en-solo.com

最後に

以上で保険証の切り替えについての
ご紹介を終えさせていただきます!

ここまで読んでいただき
ありがとうございました!


退職直後の解放感や安心感に
浸りたくなってしまう気持ちは分かりますが
まずはやるべきことをきちんと済ませて
今後について考える時間を楽しみましょう!

私は資格喪失証明書の件で
ばたばたして
2週間ちっとも休んでいる心地が
しませんでしたから…(笑)


皆さんはそうならないよう
気を付けて下さいね♪


ではまた次の記事で!
さらばっ(*ノωノ)