おひとり満喫ブログ

自分の好きなことだけすればえぇ・・・

夜中にお腹がすいた時にそのまま寝るのは大間違い【2つの正解を解説】

スポンサーリンク

f:id:Omc_is_Amf:20200511183337p:plain

おひとり満喫ブログの
管理人さん(@enjoy_sololife)です!


今回は

▷夜中にお腹が空いて困っている
▷夜食を食べるべきか悩んでいる

と言う方へ

そのまま寝てはいけない理由と
夜中にお腹がすいた時の
たった2つの正解

を解説します!

☑この記事で紹介する内容

・夜中の空腹を放置してはいけない理由
・夜中の空腹におすすめの飲食物

いきなりですが

夜中にお腹がすいた時は何かを
「食べる/飲む」

というのが正解です。


「お腹がすいて眠れない」

この状況は人生で何度も経験するものの
明確な答えが得にくい問題ですよね。


ニート生活が長い私も
生活リズムの乱れから

布団に入ってからしばらくの間
眠れないまま過ごしているうちに

空腹が気になり始めて余計に眠れない

といった経験は
何度となく味わってきました。


今回はそんな私が
医学的な根拠に基づいて

そのまま寝てしまうのは間違っている理由と
夜中の空腹におすすめの飲食物

を、ご紹介します!


この記事を読んでおけば
今後同じような状況になった時も
困ることがなくなるため
是非最後までご覧ください!

夜中の空腹を放置してはいけない理由

f:id:Omc_is_Amf:20200318160329p:plain

夜中の空腹を放置してはいけない理由は
大きく2つあります。

ここではその2つの理由を
ご紹介するのと併せて

「夜中の食事は太りやすかったり
 脳が活性化するって聞いたことがある」
「体に悪くないの?」

と言う疑問にもお答えしています!


結論としては

夜中の空腹時には
正しい食べ物を適切に摂ることが必要

なので
その理由を一つづつ見ていきましょう!

寝不足になる

まず夜中の空腹を放置する
デメリットとして

寝不足になる

ということが言えます。


「夕食を早く食べすぎた」
「食後に激しい運動をした」

という日の夜には

体は疲れているのに
空腹が気になって眠れない

と言う経験をしたことがある人は
多いですよね?


寝るために目を閉じている状態は
何かに集中しやすい
状況となっています。

そのため
日中であればそれほど
気にならない程度の空腹であっても
夜中では眠れないほど気になります。


一晩入眠のタイミングがずれると
元に戻すために
数週間から数か月かかることもあるため
空腹が気になって眠れない場合は

早急に軽食を取る

ということが大切です。

ポイント!▷夜中の空腹は入眠を妨げ
 慢性的な寝不足につながる

▷夜食に適した軽食を早急に取って
 眠れる環境を作ることが大切

睡眠の質が落ちる

次のデメリットとして

睡眠の質が落ちる

ということが挙げられます。


私たち人間は
睡眠中にもエネルギーを消費していて
その量は

カロリー計算で【300Kカロリー】
運動に例えると【1時間弱のランニング】

に相当すると言われています。


そもそも入眠には
血糖値が関係しており
寝る前の軽い軽食によって
これを安定させることが出来ます。


空腹を感じて眠れない場合は
適切な夜食を取って
体に栄養を蓄えておくことで

気持ちの良い入眠と
睡眠中の身体の活動の良好化

を、図ることが出来るため
睡眠の質を損なうことなく
眠ることが出来ます。

ポイント!▷睡眠中にもエネルギーが消費されていて
 それらが不足すると睡眠の質が落ちる

▷適切な夜食を取ることで
 入眠も促すことが可能で
 睡眠の質も保つことが出来る。

夜中の飲食は体に悪くないの?

夜中にお腹がすいた場合に
夜食を取らなければ
デメリットがあるとご紹介してきましたが

夜中の食事は体に悪いんじゃないの?

と、考える方も多いと思います。


しかし一概にそうとは言い切れません!


確かに体に悪いという考え方は正しくて

・太りやすい
・睡眠の質が下がる
・消化器官に負担をかける

といった多くの方がご存知の
デメリットが存在します。


ですが

それらについて正確なデータはない

ということはご存知でしょうか?


当然夜中に食事をするかしないかで言えば
食事をする方が
内臓には負担をかけてしまいます。

とはいえ
たった一食の夜食がどれほどの
悪影響を及ぼすのかという
明確な答えはありません。


また、盛んに騒がれている

夜食は太る

という説については
専門家の中でも意見が分かれているんです。


そのため
夜中の食事は極力控え
なにかを食べる場合には

睡眠の質を下げにくく
睡眠中の内臓への負担が軽いもの

を、適量取ることが
推奨されています。


生活習慣の一環となるほど
毎日夜間の食事を継続すれば
当然悪影響は起こりますが

たまたま夜中にお腹がすいて眠れない

と言う日には
適切な夜食を取ることで
素早く眠ることが重要視されています。


以降では
先ほどから頻繁に使用している

適切な夜食

についてご紹介します!

夜中の空腹におすすめの飲食物

f:id:Omc_is_Amf:20200410190034p:plain

さて、ここまでで

夜中にお腹がすいたら
適切な夜食を取るべき

ということをお伝えしてきました!


ここからは

夜中に食べてはいけない食べ物、飲み物

を、ご紹介しながら

「適切な夜食」

についてご紹介していきます!

夜中にお腹がすいた時の飲み物

夜中の飲み物として

飲んではいけないもの

を、まずはご紹介します!


逆に言えば
ここでご紹介しきれていない
夜中に適した飲み物も
飲んではいけない飲み物の条件から
外れていれば問題ありません。

《夜中に飲んではいけない飲み物》

・カフェインを含むもの
・冷たい飲み物
・炭酸などの刺激が強いもの
・アルコール

上記4点は
内臓への負担が大きかったり
睡眠の質を低下させる
覚醒作用のある飲み物です。

そして上記を避けて
夜中の空腹時におすすめの飲み物は
以下の5点です!

 

《夜中の空腹時におすすめの飲み物》

・白湯
・ホットココア
・ホットミルク
・ショウガ湯
・甘酒

眠たいのに空腹で眠れない場合は

その一時をごまかす程度の
飲み物を補給することがおすすめです!

白湯やホットココア/ミルクには
精神を落ち着かせ
リラックス状態を促す作用があり

適度な満腹感と良質な睡眠

を、得ることが出来ます。


また、ショウガ湯や甘酒も
同様の効果を持ちつつ

代謝促進による身体の冷え防止や
ダイエット効果

も期待できるためおすすめです!


量はコップ一杯程度にとどめておき
水っぽくて苦しいという状況を
避けるように飲みましょう!

 

ポイント!▷脳を覚醒させるような飲み物
 内臓への負担が大きい
 刺激の津陽飲み物は避ける

▷リラックス効果などの
 精神的な作用のある温かい飲み物か
 冷えなどを防止する飲み物を
 適量取ることがおすすめ

夜中にお腹がすいた時の食べ物

夜中の食べ物として

食べてはいけないもの

を、まずはご紹介します!


こちらも
この条件さえクリアしていれば
お好みで夜食をアレンジしてみて下さい!

《夜中に食べてはいけない食べ物》

・糖分の多いもの
・炭水化物
・脂肪分の多いもの
・消化が難しいもの

上記4点は
脳への栄養となるものが多く
眠りたいのに目が冴えるという状況を
促してしまいます。

また、消化が困難な食品は
胃酸過多による胃部不快感や
吐き気を促すため
控えるべき食べ物です。


そして上記を避けて
夜中の空腹時におすすめの食べ物はは
以下の5点です!

 

《夜中の空腹時におすすめの食べ物》

・バナナ
・全粒粉クラッカー
・カッテージチーズ
・ヨーグルト
・お粥

バナナは栄養価の高さ以外にも
消化に優しい食べ物として有名です!

量も適当で
バナナひとつをさっと食べて眠れるなら
最も理想的な夜食と言えます!

またバナナ以外の
消化に優しいものと言えば
お粥やヨーグルトがあり
これらも夜食にはぴったりです。


ただし「噛む」ことによって
少ない量でも満腹感が得られるため
ヨーグルトだけでは
物足りない可能性もあります。

そんな時には
全粒粉のクラッカーを併せて数枚
食べることで
内臓に優しくボリュームを確保できます!


ヨーグルト以外にも
カッテージチーズとの相性もいいため
色々と組み合わせてみて下さい!

ちなみにクラッカーの
食べ過ぎは逆効果なので
数枚にとどめておきましょう。

 

ポイント!▷太る原因ともなるため
 脳を覚醒させる糖分や炭水化物は控える

▷消化に優しい食べ物を
 極力よく噛むようにして
 ゆっくりと少量取ることがおすすめ

まとめ:夜中にお腹がすいたら正しい食事をしましょう

今回は

夜中にお腹がすいた時に
そのまま寝るのは大間違い

ということで

▷その理由
▷正しい夜食

についてご紹介しました!


私自身たびたび夜間にお腹を空かせては

「食べようか…食べまいか…」

と、もんもんとした時間を過ごして
結局食べるという経験があったので
今回の記事をまとめました。


夜中に食事をすることによる
デメリットはあいまいなデータが多く

むしろ正しい内容であれば
夜食を取って早く寝るべき

ということが
上手く伝わったかと思います!


是非この記事を参考に
辛い夜中の空腹を
乗り越えて下さいね!


ではまた次の記事で!!
さらばっ( `ー´)ノ