おひとり満喫ブログ

自分の好きなことだけすればえぇ・・・

【運動不足で体はどうなる?】一ヵ月間の引きこもり生活で起こった体調の変化

スポンサーリンク

f:id:Omc_is_Amf:20200408152800p:plain

おひとり満喫ブログの
管理人さん(@enjoy_sololife)です!

今回は皆さんの

▷家に居続けるとどうなる?
▷引きこもり始めて体調がおかしい
▷大きな病気じゃないか不安

というお悩みの解決策を

”私の体験”

を、元にご紹介します!


この記事でご紹介する内容

・運動不足で生じる体調の変化
・引きこもりによる精神的変化

この記事を読み終えると

・ダラダラと引きこもる怖さがわかる
・運動不足による体調不良がわかる
・不調の原因がわかり改善できる


コロナウイルスによる

”外出自粛”

も相まって
自宅で過ごす時間が増えた方は

「これまでそんなことなかったのに」

と、不安な症状にお悩みの方も
多いことと思います。


あくまで私(医療的知識なし)の
実体験になりますが

「症状が似ている」

「これが原因かもしれない」

と、一つの参考にしてみて下さい!

運動不足による体調の変化

では早速ご紹介に移ります!

ここでは運動不足による

▷肥満
▷体重増加

については割愛し
見た目の変化よりも

”体内で起こる変化”

についてごい紹介していきます!

筋力の低下

f:id:Omc_is_Amf:20200317152827p:plain

まずは最も想像しやすい
こちらから。

これまでの生活では

▷通勤通学
▷買い物、子供の送り迎え
▷買い物、遊び

など、
運動を目的としているわけではないが
知らず知らずのうちに
体を動かしていた
行動が多くあったと思います!


一般的な方なら
毎日平均5,000歩近くは
歩くという行為を
行っていたと思います!

しかし
自宅に引きこもり始めてからは
それらがなくなり

”激しい運動不足の状態”

に陥っている方が多いです。


その結果

▷脚の筋力低下
▷お腹の筋力低下
▷肩、腕の筋力低下

が起こってしまいます。


「たかが通勤がなくなっただけ」

と、思う方もいるかもしれませんが
それだけで
体にとっては大きな変化となってしまいます。


実際に私は
自宅に引きこもるようになって1カ月で
体重が1㎏減り
ふくらはぎや腹筋が
みるみるなくなりました。

基準としては

▷スキニーデニムがだぼついた
▷割れていた腹筋が平らになった

と言うのが
目視で確認できた内容です。


ふくらはぎの筋肉が減少すると

・血流の悪化→心肺機能の低下
・脚力の低下→運動不足の促進

につながるため
負のサイクルが始まってしまいます。


腹筋についても

・体温維持の難化
・胃腸機能の低下
・エネルギー燃焼の難化

が起こるため
体にとっていいことは
一つもありません。

胃腸機能の低下

f:id:Omc_is_Amf:20200320151243p:plain

続いては内臓関連です!

最近でこそ
運動不足による胃腸機能の低下は
メディアでも
盛んに取り上げられていますが
実際にかなりの変化が起こります。


運動不足による胃腸機能の低下に伴う
主な症状としては

▷腹部膨満感
▷便秘・排便の難化
▷食後のガス発生過多

と言ったものが挙げられます。


前述した
お腹周りの筋肉の低下が原因で
内臓には以下のような
変化が起こります。


・内臓の位置が下がる
・腸を圧迫する
・消化が遅くなる
・便秘やガス発生につながる


これは筋力の低下に伴って
避けられない症状なので
一定量の運動の必要性が
強く感じられます。

また、二次的な症状として
胃腸機能の低下に伴って

▷逆流性食道炎
▷食欲不振
▷栄養不足
▷筋力低下

と言うサイクルにも
陥る可能性があるので
注意が必要です。


実際に私も経験した症状ですが
以前にご紹介した
漢方薬やサプリ、運動法で改善しました!

気になる方は是非ご覧ください!

▼過敏性腸症候群の方へ

【ppFree-ピーピーフリー-】急な下痢やストレスによる過敏性腸症候群に特化したサプリ - おひとり満喫ブログ


▼一時的にお腹のガス抜きをしたい方へ

【即効改善】辛い「お腹のハリ・ガス・腹部膨満感」をすぐに緩和する秘策 - おひとり満喫ブログ

腰痛をはじめとする関節痛

f:id:Omc_is_Amf:20200320151324p:plain

運動不足が
どうして関節痛につながるのか
不思議な方も多いと思います!

まず原因からお伝えすると

▷関節の可動域が狭まり動きが硬くなる
▷長時間の同じ体勢で体に無理が生じる
▷座っている時間が長くなる

主な理由としては
上記3点が挙げられます。


「腰が痛い、背中が痛い」

となると
インターネットで検索する方も多いでしょう。

すると出てくる内容の中に

”がん”

をはじめとする
重篤病気の名前も多く存在します。


しかし運動しなくなって
最近急に

・腰痛が酷くなった
・背中が痛い
・関節が痛い

という方は
大きな病気を不安がるより先に
運動不足を疑ったほうがいいです。

少し体を動かしたり
自宅での過ごし方を改善して
症状が緩和されるようなら
むやみに不安がる必要は
ほとんどないと言えるでしょう。

▼軽いウォーキングから始めたい方へ

辛い肩こりをウォーキングで楽しく改善する歩き方【肩こりの原因とウォーキングの効果】 - おひとり満喫ブログ


▼運動がなかなかできない方へ

寝るだけの背中専用マッサージ機「soft stone back」が丸わかり!【詳細紹介】 - おひとり満喫ブログ


▼自宅での過ごし方を改善したい方へ

長時間座ると尾てい骨が痛い!そんな方におすすめの座椅子3選【正しい座り方をサポート】 - おひとり満喫ブログ

 

睡眠障害

f:id:Omc_is_Amf:20200406152044p:plain

「同じ時間に起きているのに
 だんだん夜の寝つきが悪くなってきた」

という方は多いと思います。

こちらも運動不足が関係しています。

精神的な影響も多い
睡眠時の悩みですが
ここではまずは肉体的な
問題について触れておきます。


通勤や通学など
私生活では知らないうちに
運動をしていたことは
すでにお伝えしてきました。


それらはつまり

”体力も適度に消耗していた”

ということです。

普段はデスクワークなのに
急に外回りをした日や
社内のクラブ活動で
スポーツをした日なんかは
やけに寝つきが良くないですか?

つまりは
日中にどれだけ体力を消耗したかで
寝付きやすさや
睡眠の質は変化するということです。

運動不足に加えて
24時間自宅で過ごしているとなれば
当然普段通りの時間に
眠れなくなるということです。


そんな中でついついスマホを
いじってしまうという方は
余計に眠りずらくなってしまいます。

▼どうしてもスマホを操作したい方へ

【目疲れ対策・のぞき見防止】絶対に使うべきiPhoneの標準機能”ホワイトポイント”の下げ方 - おひとり満喫ブログ

引きこもりによる精神的な変化と症状

肉体的な変化についてのご紹介は
以上とし、ここからは

”精神的な変化とそれに伴う症状”

についてご紹介します!

もともと鬱気味の私の体験ですが
参考にしてみて下さい!

ネガティブ思考

f:id:Omc_is_Amf:20200406152000p:plain

長時間自宅にいると
どうしても避けられないのが

”ネガティブ思考”

です!


外に出るということは
思いもしない恩恵を
私たちに与えてくれています。

日光を浴びれば心は晴れ
ビタミンの生成にもつながります。

軽いウォーキングも
ストレスの発散に欠かせません。


これらをしなくなった
いわゆる引きこもり状態では
ポジティブな意識は徐々に減り
ネガティブな感情が強くなります。

「コロナ離婚」

なんて言葉は
この影響も大きいと感じています。

何かをしようと考えても

「面倒くさい」
「意味が無いような気がする」

といった思考になり
どんどん意識が内側へ向きます。


最後にご紹介する

”自宅で出来る趣味”

を参考に
木なら詩を日々に取り入れるのも
ネガティブ思考を防止するには
効果的です!

考えすぎ

f:id:Omc_is_Amf:20200318160329p:plain

ネガティブ思考に近いものですが
また異なった症状です。

例えば
普段の生活では気にならなかった
体の異変が
やけに気になったりします。

例えば

▷こんなところにほくろが…病気かな?
▷喉が痛い…大きな病気か?
▷息苦しい気がする…ウイルスに感染?

などなど
普段なら気付きもしないことが
やけに気になったりします。


実はこれは非常に危険な状態で
何かを不要に心配することは

”自律神経に悪影響”

を、与えてしまい

▷息苦しさ
▷睡眠障害
▷各臓器の機能低下

につながり
それらの症状もまた
考えすぎの対象となり
負の連鎖となります。


こちらに関しても
適度な運動や趣味を見つけることで
大きく改善できますので
後程ご紹介する記事を参考にしてください!

また、家族でお住まいの方は
他愛のない会話を増やすだけでも
効果が期待できます!

退屈によるストレス

f:id:Omc_is_Amf:20200315194543p:plain

最後はこちら!

なんといっても
引きこもることで生じる
一番の問題は

”退屈によるストレス”

ですよね。


ストレスは
ここまでにご紹介した内容の
ほぼすべての症状を引き起こします。

気持ちはネガティブになり
思考は堂々巡りとなります。

改善策への取り組みもおっくうとなり
精神障害を引き起こす段階まで
悪化することも珍しくはありません。


普段は別にしたくなかったことも
自宅にいることを強要されると
無性にしたくなり
イラつくこともあります。

しかしそんなときは
冷静に思考してください。


働きづめだったときは
休暇が欲しかったですよね?

休日ぐらいゆっくりさせてくれと
思ったことはありませんか?


今がそのチャンスです。

自宅で出来ることや
体を休めることに
時間を使っていると思えば
ストレスもそれほど感じなくなります!


ここでようやく
先ほどから引っ張っていた

”自宅で出来る趣味”

をご紹介しておきます!

▼自宅で過ごす時間を有意義にしたい方へ

家で暇なときに「みんながしている暇つぶし方法」6選 - おひとり満喫ブログ

 

▼女性におすすめの自宅で出来る趣味

【自宅で趣味を探す女性に】手軽に始められておすすめの趣味7選 - おひとり満喫ブログ



少しでも自宅で過ごす時間を
楽しく、苦のないものにしたい方は
是非参考にしてみて下さい!

最後に

今回は

・運動不足による体調変化
・引きこもりによる精神的変化

についてご紹介しました!

全て実際に私自身が
体験した症状で
原因もはっきりしているものです!


普段活発に過ごしている方こそ
ここでご紹介した内容が
当てはまってしまう方が多いと思います。

不安になったり
自暴自棄になるのではなく
原因を理解し
上手く折り合いをつけて
日々を送ってください!


自宅で出来る運動や
軽いウォーキングなど
今すぐ取り入れられる改善策も
非常に多く存在します!

まずは何かに取り組む気持ちを
大切にして
少しづつ生活に変化を
加えていきましょう!!


ではまた次の記事で!!
さらばっ( `ー´)ノ

/* 開閉動かす奴 */ /* リンクボタン強調 */