おひとり満喫ブログ

自分の好きなことだけすればえぇ・・・

トレーニング用の縄跳びおすすめ10選【種類と選び方から徹底紹介】

スポンサーリンク

f:id:Omc_is_Amf:20200523175432p:plain

おひとり満喫ブログの
管理人さん(@enjoy_sololife)です!


今回は

▷トレーニングに適した縄跳びって?
▷種類や選び方は?
▷出来ればコスパが良いモノが欲しい

と言うお悩みを

この記事一つで解決します!

☑この記事で紹介する内容

・トレーニング用縄跳びの種類と選び方
・おすすめのトレーニング用縄跳び10選

運動不足の解消や
筋トレ、ダイエットの手段として
注目されている縄跳びですが

「どんなものを選べばいいのかわからない」

という方も多いですよね。


私も筋トレ目的で縄跳びを始めるまで

小学校以来一度も
縄跳びに触れてこなかった

ので、選び方には苦戦しました。


そこで今回は

・トレーニング用縄跳びの種類と選び方
・おすすめのトレーニング用縄跳び10選

を、ご紹介します!


過去の私のように
100円で購入できる縄跳びしか知らない
という方も多いと思いますので
この記事を参考に

自分に合った最適な機能と
適当な金額の縄跳び

を、見つけてみて下さい!

トレーニング用縄跳びの種類と選び方

f:id:Omc_is_Amf:20200522195911p:plain

いきなりですが
縄跳びにもいくつか種類があるのを
ご存知ですか?

100円の縄跳びで
トレーニングを始めるつもりの方も
多いかもしれませんが
人や目的によっては

・望む効果が得にくい

・初めからきちんとしたものを

 買ったほうがお得になる

場合があります!


ここでは

・トレーニングに使える縄跳びの種類
・自分に合った縄跳びの選び方

と言う順で

▷どんな縄跳びがあるのか
▷失敗しない縄跳びの選び方

についてご紹介します!

トレーニングに使える縄跳びの種類

縄跳びには以下の
3つの異なるポイントがあります。

・グリップ
・縄の太さ、重さ
・縄の有無

名前を書いた紙が
グリップから透けて見える

小学生の時に使用していた縄跳び

からは想像できませんが
意外にも種類は豊富です。

種類ごとの違いについて
一つづつ見ていきましょう。

グリップの種類


グリップには大きく分けて
2種類のタイプが存在します。


《プラスチック製グリップ》

▶メリット

・軽くて扱いやすい
・かなり価格が安い


▶デメリット

・破損しやすい
・持ち手が短く腕全体で縄を回すため
 疲れやすくなってしまい
 長時間のトレーニングに不向き



《トレーニング用グリップ》

▶メリット

・ゴムやスポンジで握りやすく
 設計されているため
 持ち手を手放す心配が無い

・グリップに十分な長さと重さがあり
 手首のスナップだけで楽に
 縄を回すことが出来る


▶デメリット

・少し価格が高い



縄の太さ、重さ

縄の材質にも種類がありますが
ここでは太さと重さについて
ご紹介します。


《縄が太い縄跳び》

▶メリット

・コンクリートやアスファルトで
 使用した場合でも摩耗しにくい

・空気抵抗が大きくなり
 回している感覚がつかみやすい


▶デメリット

・速く縄を回す技に向いていない

・素足にあたった場合に痛みが強い



《縄が重たい縄跳び》

▶メリット

・体への負荷が増え
 トレーニング効果が高まる


▶デメリット

・重たすぎると腕への負担が強く
 トレーニングを長時間続けられない
※女性や子供の場合


縄の有無

縄跳びには縄のあるタイプと
ないタイプが存在します。

それぞれに
メリットとデメリットがあります。


《縄のある縄跳び》

▶メリット

・跳んでいる感覚が強く
 正しく跳ぶために筋肉を使うので
 バランス感覚が身に付く

・技の成功、失敗の判断が付きやすい


▶デメリット

・音がうるさく室内では実践しずらい



《縄が無い縄跳び》

▶メリット

・室内でも静かに実践できる

・縄をまとめる必要が無く
 片付けや持ち運びが楽


▶デメリット

・縄を跳んでいる感覚が少ない

・少し価格が高い



以上が個人用縄跳びの種類になります!

意外と種類が多いうえに
メリットとデメリットがあるので
選ぶのに最初は困惑すると思います。


そこで、ここからは
上記のメリットが最大限生かせる
縄跳びの選び方をご紹介していきます!

自分に合った縄跳びの選び方

さて、縄跳びの種類について
ご紹介したところで

目的ごとにどの縄跳びが
適しているのか

選び方について
ご紹介します。


ここでは大きく
以下の目的に内容を絞っています!

・筋トレ
・ダイエット
・健康促進

それぞれについて見ていきましょう!


筋トレが目的の場合

筋力増加には
なんとしても肉体的な負荷が必要です。

そのため
注目すべき点は1点で

縄の重たいタイプ

を、選ぶのがおすすめです!


縄が重たいタイプは基本
トレーニング用グリップとなってしまい
選択の余地はほぼありません。

太さに関しては自由に
お好みの物を使用してください。

そして、重さに関しては
ある程度重みのある
縄ありの物を選択してください!

《筋トレに理想の縄跳び》

グリップ:トレーニング用
 太さ :自由
 重さ :重ため
縄の有無:縄あり


ダイエットが目的の場合

ダイエットが目的の場合は
極力長時間縄跳びを実践する方が
運動量が増えて効果が高いです。

そのために注目すべき点は

縄の軽さと跳びやすさ
縄跳び自体の取り組みやすさ

となります!


グリップは自由で構いませんが
長時間のトレーニングでは
握力も下がるため
握りやすいものが好ましいです。

そして太さと重さは
極力軽いものを選択し
体に負荷を与えることよりも

運動を持続すること

を、意識してください!


縄の有無については
自宅か屋外のどちらで
実践するか次第で自由に
選んでみて下さい!

《ダイエットに理想の縄跳び》

グリップ:自由
 太さ :細め
 重さ :軽め
縄の有無:環境次第


健康促進が目的の場合


健康促進が目的の場合は
特に縄跳びにこだわる必要は
ありません!

しいて言うならば

実践する環境に合わせた縄跳び選び

を、意識してみて下さい。


屋外でコンクリートやアスファルトに
縄をぶつける頻度が高い場合は
丈夫な縄を選びます。

室内で手軽に始めたい場合は
縄無しの物を選びましょう!

とにかく跳びたいという場合は
まずは100円ほどの安価な物から
挑戦してみるのが良いと思います!


《健康促進に理想の縄跳び》

グリップ:自由
 太さ :自由
 重さ :自由
縄の有無:環境次第


目的別の縄跳びの選び方は
以上となります!

3つ目に

<健康促進が目的>

という項目がありましたが
縄跳びによる運動効果については
別記事でまとめていますので
是非こちらを参考にしてみて下さい!

>>【縄跳びの運動効果5選】体に起こる最高の変化を徹底紹介

おすすめのトレーニング用縄跳び10選

f:id:Omc_is_Amf:20200424193217p:plain
ではようやく本題である
おすすめのトレーニング用縄跳び10選を
ご紹介します!

ここでは

▷グリップの種類
▷縄の太さ、重さ
▷縄の有無
▷価格

についてご紹介しているので

前述の”選び方”を参考に
価格も照らし合わせて
お気に入りの縄跳びを見つけて下さい!


《おすすめのトレーニング用縄跳び10選》


筋トレに最適の縄跳び

 

【2.5/7.4/12kgの3タイプ】

 

グリップ:なし
 太さ :負荷別3タイプ
 重さ :2.5/7.4/12㎏
縄の有無:ロープタイプ
 価格 :約2,000円

いきなりハードな縄跳びからご紹介!

超重量級のロープタイプは
上半身の筋肉をフルに使用するため
短い時間のトレーニングで
筋肉を鍛えることが可能です!

 

 

グリップ:トレーニング用
 太さ :通常
 重さ :400g
縄の有無:ワイヤーロープ
 価格 :約1,800円

グリップにベアリングが搭載された
最も使い勝手の良いグリップを採用!

跳びやすく、軽すぎない重量と
縄が絡まらないベアリンググリップで
長時間のトレーニングが可能です!
 
 
グリップ:トレーニング用
 太さ :通常
 重さ :170g
縄の有無:塩ビ
 価格 :約1,600円

重さは比較的軽めで
女性や子供のトレーニングや
運動不足の激しい男性の
ウォームアップに最適です!

こちらもグリップには
ベアリング構造が採用されています!


ダイエットに最適の縄跳び
 
 
グリップ:電子グリップ
 太さ :ー
 重さ :250g
縄の有無:なし
 価格 :約1,800円

とにかく体を動かすことが重要な
ダイエット目的の縄跳びでは
自宅で取り組みやすい
エア縄跳びもおすすめです!

タイマーや回数、消費カロリーなども
表示されるため
目標をもって取り組みやすいです!

2WAYなので縄有でも使用可能!
 
 
グリップ:電子グリップ
 太さ :ー
 重さ :250g
縄の有無:なし
 価格 :約1,200円

こちらはほとんど上記と
同じスペックの商品です!

縄無し状態のボール付きロープが
やや長いのが気になりますが
気にしないという方は
価格が抑えめなこちらがおすすめ!
 
 
グリップ:プラスチック製
 太さ :細め
 重さ :130g
縄の有無:塩ビ
 価格 :約500円

とにかく軽くて跳びやすい縄跳びです!

負荷が少ないため
トレーニングには向かないものの
日々の運動として縄跳びを継続したい人には
おすすめのスペックです!

価格が安く抑えられるため
取り組みやすいですね!


健康促進に最適な縄跳び
 
で、詳しく解説していますが
縄跳び運動による健康効果は
多岐にわたります!


普通に縄跳びを跳ぶだけ

で、得られるものばかりなので
ここでは単純におすすめしたい
縄跳びをご紹介します!
 

 

グリップ:トレーニング用
 太さ :細め
 重さ :130g
縄の有無:塩ビ
 価格 :約1,000円


130gと軽量なのが魅力的な
オーソドックスな縄跳びです!

とはいえ
一般的な物よりも機能性が高く
グリップ部分のベアリングによって
快適な操作が可能です!

 

 

グリップ:トレーニング用
 太さ :通常
 重さ :180g
縄の有無:鋼線
 価格 :約2,000円

少し価格は高いものの
それだけの価値がある縄跳びです!

ベアリンググリップはもちろん
縄を回しやすく
強度の高い鋼線を使用しており
長期的に使い続けることが可能です!

お洒落なデザインと
付属の専用袋で
持ち運びにも最適です!

 

 

グリップ:超細型
 太さ :通常
 重さ :80g
縄の有無:塩ビ
 価格 :約800円

今回ご紹介する縄跳びで
最も軽量なタイプです!

グリップが長いため
手首のスナップで縄を回せるため

軽いが故の回しずらさ

を、軽減されています!


手の小さい子供や女性にもおすすめです!

 

 

グリップ:プラスチック製
 太さ :通常
 重さ :120g
縄の有無:ビーズ
 価格 :約800円


最後の最後で
一風変わった縄跳びをご紹介します!

通常の縄跳びに
ビーズが通してあるタイプで
適度な重みと空気抵抗の増加で
トレーニング効果が

適度に

増加する縄跳びです!

ビーズの接地音で
リズミカルな運動が可能!


「いきなり激しいトレーニングは…」

という方でも

トレーニング用縄跳びよりは控えめで
一般的な縄跳びよりは効果的

という
軽めのトレーニングに最適の縄跳びです!

まとめ:トレーニングに使えるおすすめの縄跳び10選

今回は

トレーニング用縄跳びの種類と選び方
おすすめのトレーニング用縄跳び10選

を、ご紹介しました!


「せっかく縄跳びも用意して
 トレーニングに挑戦したのに
 望む効果が得られない」

と言う場合は
縄跳び選びが間違っている
可能性があります!


是非この記事を参考に
あなたにぴったりの
縄跳びで正しいトレーニングを
行ってくださいね!


また、
効率的なトレーニング方法について

>>縄跳びを使ったトレーニング方法【効率的なメニューで正しく鍛える】

で、ご紹介しています。

おすすめのトレーニングメニューを
三段階のレベル別にご紹介しているので
是非参考にしてみて下さい!


ではまた次の記事で!!
さらばっ( `ー´)ノ

/* 開閉動かす奴 */ /* リンクボタン強調 */